仕事として捉える

常に教えていく授業内容について、必ず塾講師としては予習をしておきたいところです。
心構えとして、教えていく仕事を一人で担当することになるので、必ず予習をして授業の流れを把握することが重要です。 下準備を着実に行うことによって、準備をしていなかった時以上にリラックスして集中して対応することができます。

基本的に授業の質を予習では落とさないように対応していき、授業料に相当するサービスとして提供できるかチェックしなければなりません。
また予習については基本的に自宅でやるものですから、給料が支払われない分、モチベーションの低下には気をつけなければなりません。
さらに時給以外に仕事をするので、着実に予習が作業として定着させなければなりません。 自分の時間を割けるか、大きな関門として考えていかなければなりません。

単にお金を稼いでいこうとするために、アルバイトとして塾講師は時間の効率が非常に悪い仕事となっているのは事実です。 しかしやりがいを塾講師で求めている人は多く、教えていくことが好きという人は長続きしています。
生徒と二人三脚で受験などの目標を達成できるように、着実に自分を成長させながらコミュニケーションを取っていくことが重要です。